実は自分は「多動症・ADHD」かも?今までなんかちょっと他の人と違うかも?。ていうか、このブログのカテゴリー自体、多動的ですし!? いろいろ考えたりもがいたりしながら生きてきた私の振り返り日記を徒然と書いてみるコーナー。論理思考と客観性を手に入れて最強の多動人生を目指せ!多動症をポジティブにとらえて人生を切り開いていくためのエッセイです。「吾輩は、多動である」から読み始めていただけるとGood!

ADHD・多動症ライフハック,外遊びや工作と子育て

勉強の習慣が身につかない子供の場合

例えば、お子さんがなかなか勉強をしない、もっと他の子なら進んで勉強をするはずなのに、何度言ってもかんしゃくを起こしたりだらだらする時間が長くて自分から規則正しく勉強をしない、と悩んでいる場合。 ...

ADHD・多動症ライフハック,自己紹介・エッセイ

ハンディキャップで諦めない生き方例えば、山を登るとします。 足が早い人が登れるとは限らない。足が遅い人でも早く登れる人の倍の時間かけても諦めなければ登れる。足が速い人でもすぐ諦めて登れない人も多くいる。ゆっくりだって前に進んでいけばいつかは ...

ADHD・多動症ライフハック,自己紹介・エッセイ

あなたは、自分の「槍」と「楯」を本当に認識していますか?
自分のマイナス点がない、と言い切れる人間がどれだけいるでしょうか?

例えば私は、とにかく良くメモを取るのですが、それは、「自分のことを信用していない、自分の ...

ADHD・多動症ライフハック,自己紹介・エッセイ

ここまで自分のことを振り返って、「多動」という言葉を使っているが、実は私はこのことで病院に行ったり診断してもらったことはない。

ただ振り返るとそういう傾向が強く自分にもあり、インターネットでもASDやADHD、LDなどの情 ...

ADHD・多動症ライフハック,自己紹介・エッセイ

今でこそ、大人の発達障害やアスペルガー、多動などの言葉が一般的になり市民権を得ているが、私が若かった20年以上前にはまだスマホもない時代でそのような言葉も世の中に認知されていなかった。

考えるにこの20年から30年の間に、 ...

ADHD・多動症ライフハック,自己紹介・エッセイ

人はみな、なりたい自分と現実の自分とに乖離がある。
稀に「無い」と言い切れる人もいると思うがそれは僥倖であり、そういう人は若い頃から客観的に自分のことを深く理解して、自分の進むべき未来に向かって突き進んでいくことが出来ている人 ...

ADHD・多動症ライフハック,自己紹介・エッセイ

最初に下記から読んでください。

吾輩は、多動である

私の中には、獣がいる。
普段の自分とは異なる生き物がいる。

その獣を自分で飼い慣らして生きてきた。
小さい頃の私は、なんだか落ち着 ...

ADHD・多動症ライフハック,自己紹介・エッセイ

とにかくいろいろ動き回る。だから、多動。行動量が多い。悪く言うと落ち着きがない??会社もいろいろ転職した。いろいろ経て今は仕事は落ち着いてはいるけれど。引越しした回数は、30回以上。私は今まで私以上に引越しをした人の話を聞いたことがなく、恐 ...