手作り簡単、大型ワッペン

2015年8月31日

子供の幼稚園、保育園の絵の具入れや体操服入れのポーチやバッグ、ポシェットなど。

手作りで、と言われる所も結構あるようですね。
今は「手作り」のバック自体も売られているようですので、忙しい親御さんはそういったものをつかうのも手なようです。

で、うちなんですが、
『子供が「ドラえもん」の大きなワッペンが欲しい~!(バックに貼って欲しい)』
とのリクエスト。

最初はネットでいろいろ調べてみたのですが、
ありそうで、結構ないんですよね。むむ~。

ネットで探して見つけたのは下記のような商品たち。

★約9cm×8cm(ビッグサイズ)・・・ビッグでこのサイズだと・・・もっと大きいのが欲しい。


他にもいろいろ、アマゾンやネットでググりましたが、「ビッグワッペン」「アップリケ」などで調べても、思うようなサイズのワッペンが無いんですね~。今のご時世、もっと大きなワッペンのニーズがありそうなんですが・・・。
★縦約9cm×横約7.7cm・・・こちらもこのサイズ。

で、どうしよう、と。

で、作る事にしました。

■材料
・フェルト布(必要な色分)
今回はドラえもんなので、青、白、黄色、赤、黒ですね。
・接着剤
フェルトが付く接着剤です。手芸屋や文具店などで購入できます。家にある普通の接着剤だとフェルトが付きづらい場合があるので確認が必要です。

・マジック(油性・細め)
口などの境界線や鈴の線などはマジックで描きました

洗濯ができます。25色から選べます。【布地/生地/布】メール便発送可☆アイロン接着フェルトピ…
⇒こういうのを使うと安くて手軽にできますね!

■作り方
①下絵にしたいイラストなどをゲットします。
※私の場合、ドラ・・・です。ネットなどでベースにしたいポーズの図を探してゲットします。
背景など無い方が使いやすいですね。

下絵をゲット
下絵をゲット

②下絵をワードやPowerPointなどに貼りつけ、作りたい大きさにサイズを調整し印刷します。
※複数の色があるので、色ごとに複数枚印刷した方がやりやすいと思いました(後日談)

③印刷した下絵の下に、フェルトを重ねて、隅を洗濯バサミやクリップなどで固定します(マチバリで借り止めするのもいいですね)。

④各色毎にパーツをハサミで切っていきます。チョキチョキ、チョキチョキ・・・。
※この時、一番下に、ベースカラーと同じフェルトで、一番外の輪郭で大きくカットした台紙的なフェルトを作っておきます
(今回は青です。なので、ベースカラーのフェルトはちょっと多めに買った方がいいかも。1枚余分に買うとか)

ビックワッペンよ、いでよ・・・。お好きなイラストでなんでもできますね~
ビックワッペンよ、いでよ・・・。お好きなイラストでなんでもできますね~

⑤パーツが全て切れたら、ベースの台紙フェルトに、それぞれのパーツを重ねて、接着剤で貼っていきます。

思い通りの物ができるか、ちょっとドキドキの瞬間です!
思い通りの物ができるか、ちょっとドキドキの瞬間です!
ここもフェルトで。ディテールが大事っす!
ここもフェルトで。ディテールが大事っす!

⑥すべて貼れたら、アイロンで圧着。微妙な線などはマジックで描いたりします。
※私の場合、ひげ等は黒いフェルトを細く切って貼りましたが、鈴の線や穴はマジックで描きました
目は黒いフェルトで、最後に「開眼!」、感動の一瞬です。

手作りで、子供も喜ぶビックワッペンを!
手作りで、子供も喜ぶビックワッペンを!

これで完成!

こっちは、きんちゃく袋っす。こっちはまた別に作ります~!
こっちは、きんちゃく袋っす。こっちはまた別に作ります~!

この方法でなら、好きなキャラクターの、好きな大きさのワッペンも自由にできます!
エッヘン!

大きなワッペンが作れるし、オリジナルで他には売っていないので、子供も大喜びですよ~!

でも、時間が無い方、「作るのはちょっと~」という方は、下記のような商品やお店もお勧めですね。

★その他、面白役立ち記事、書いてます!
マイホーム格安ゲットノウハウ
コスパ良く家族旅行を楽しむためのノウハウ
子供と工作遊び
お手軽料理、男料理、簡単ミキサー料理など
※その他、いろいろ書いてます!メニューからたどってみてください!